HOME >> 各部門のご紹介 >> 診療各科 >> 神経内科

神経内科

診療内容・特色

神経内科って?

神経内科は脳・脊髄・末梢神経などの神経組織や筋肉に生じる様々な疾患を診療する科であり、脳神経外科に対して脳神経内科という具合に対比して考えていただくとわかりやすいかもしれません。神経内科に似た科名に神経科、心療内科、精神科などがありますが、これらの診療科は主に心の病気を担当しています。

どんな症状の患者さんが受診するの?

神経内科の外来で多く接する症状に「頭痛」、「めまい」、「ふらつき」、「しびれ」等がありますが、その他にも「物忘れ」、「けいれん」、「しゃべりにくさ」、「物が二重に見える」、「顔がゆがむ」、「まぶたのピクツキ」、「手足の麻痺・筋力低下」、「ふるえ」、「動作緩慢」、「歩行障害(歩きにくい、転びやすい)」等様々な症状の患者さんを診療しています。
これらの症状は始まりがいつなのかはっきりせず、徐々に進行するような慢性の疾患もあれば、突然具合が悪くなって急速に進行する急性の疾患もあります。早期発見・早期治療は全ての疾患に当てはまる言葉だと思います。気になる症状があれば早めに受診ください。

主な診療対象疾患

神経内科が担当する主な疾患は以下の通りです。
疾患によっては、脳神経外科、整形外科、内科、眼科などと協力しながら適切かつ最良の医療が提供できるよう常に心掛けております。

脳血管障害 脳梗塞、脳出血、一過性脳虚血発作など
認知症 アルツハイマー病、脳血管性認知症など
頭 痛 片頭痛、筋緊張性頭痛、群発頭痛など
感染症 脳炎、髄膜炎、脊髄炎など
運動ニューロン疾患 筋萎縮側索性硬化症など
パーキンソン病関連疾患 パーキンソン病、進行性核上性麻痺など
多系統萎縮症 オリーブ橋小脳萎縮症など
脊髄小脳変性症 Machado-Joseph病、DRPLA(歯状核赤核淡蒼球ルイ体萎縮症)など
脱髄疾患 多発性硬化症、急性散在性脳脊髄炎など
神経免疫性疾患 重症筋無力症、ギラン・バレー症候群、フィッシャー症候群、CIDP(慢性炎症性脱髄性多発根ニューロパチー)など
末梢神経障害 ビタミン欠乏症・糖尿病・膠原病などに伴う末梢神経障害など
筋疾患 多発性筋炎、ミオパチー、周期性四肢麻痺など
その他 てんかん、眼瞼けいれん、片側顔面けいれんなど
ページトップに戻る
診察態勢

外来は常勤医師4名(リハビリテーション科医師1名を含む)で毎日2診態勢、予約制で診療を行っておりますが、いずれの診察日も予約が多く混んでおります。なるべく診察待ち時間を短くしたいと考え予約制にしておりますので、新患や紹介の患者さんも含めできるだけ電話で外来予約の上受診いただけますようお願いいたします。また特殊外来は月曜午前のボツリヌス外来を除きあえて設けておりませんが、何曜日に受診いただいても全ての神経疾患に対応いたしております。
検査、治療やリハビリテーションなどの必要に応じ入院していただく際は、主治医が中心となり神経内科全体で診療に関わるようチーム医療に努めております。当院には神経内科、脳神経外科、リハビリテーション科と神経疾患を担当する常勤医師が計8名おり、有機的に連携しながら診療に当たっていますので、外来から入院まで、急性期から慢性期までワンストップの医療提供が可能です。

検査・治療

当院はMRI装置、ヘリカルCT装置を有し脳・脊髄など神経組織は勿論全身の断層撮影検査が24時間365日可能であり、他にも超音波検査(頚部、頭部など)、核医学検査(SPECTなど)、脳波検査、電気生理学的検査(筋電図、SEP(体性感覚誘発電位)、ABR(聴性脳幹反応)、VEP(視覚誘発電位)、末梢神経伝導速度など)、神経病理学的検査(筋生検、神経生検など)、髄液検査、抗ガングリオシド抗体検査、遺伝子検査など必要に応じ随時行っております。
t-PAに代表されるような超急性期脳梗塞治療をはじめ、ほとんどの脳卒中急性期治療に24時間対応しており、手術の必要な場合も脳神経外科とのシームレスな診療連携が可能です。
また、当院は最先端の透析医療を提供できる全国でも有数の医療機関の一つであり、神経免疫性疾患などで透析療法(単純血漿交換、二重濾過血漿交換、血漿吸着療法など)が必要な場合にも即座に対応できる態勢を整えております。

医師紹介

医師名役 職所属学会・資格・その他
たなか はじめ
田中 一
診療副部長
研究副部長
地域医療・情報副部長
神経内科部長
日本神経学会
日本人類遺伝学会
しもはた みつてる
下畑 光輝
神経内科部長 日本神経学会 専門医・指導医
日本脳卒中学会 専門医
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本医師会 認定産業医
臨床研修指導医
とりやべ まさふみ
鳥谷部 真史
医長 日本神経学会 専門医
日本脳卒中学会
日本脳血管内治療学会
日本内科学会 認定医
日本脳循環代謝学会
日本高次脳機能障害学会

外来担当医表はこちら

ページトップに戻る