外来担当医表
お問い合わせ
025-260-82009:00 ~ 17:00 (平日のみ)
診療予約
025-260-81919:00 ~ 16:00 (平日のみ)

院長挨拶・基本理念

就任挨拶

信楽園病院 院長 髙澤 哲也

院長 髙澤 哲也

 私は、宮崎 滋 前院長の後任として、この4月1日付で信楽園病院の10代目院長に就任いたしました。当院は、昭和6年結核患者の静養施設「有明松風園」として開設されたのが始まりで、今年で創立87周年となります。昭和43年には、当時先進医療であった腎不全患者に対する透析医療を開始し、名称を信楽園病院に改め、今年50周年を迎えました。このように、伝統ある病院の院長に就任することとなり、責任の重さに身の引き締まる思いが致します。

 糖尿病・内分泌内科医として当院に着任し、まもなく30年目を迎えます。人生の半分をこの病院と共に過ごし、その間多くの諸先輩方にご指導頂き、同僚、後輩、職員の方々に支えられてまいりました。尚且つ、診療を通して大勢の患者さんやご家族の方々と接し、多くを学ばせていただきましたことに感謝申し上げます。この30年間で病院にもいろいろな出来事がありました。その中で、私にとっても病院にとっても最も重大な出来事は、12年前の病院新築移転だったと思います。それまであった有明地区から現在の新通地区へ移転しました。直線距離でわずか5㎞の移転でしたが、このことにより病院は大きく変わったと感じております。

 新潟市西区には、多くの病院があります。その中で、救急告示病院または二次輪番担当病院は5病院あります。この内ほとんどの病院は、西区の中の東端付近にあり、当院もかつて同じ地域にありました。移転した結果、地図上では西区のほぼ中央、市街地地域と農村地域の境界に立地することとなりました。当院より西側には、西区はもとより西蒲区まで、二次救急を担う病院はありません。今、国の方針として地域包括ケアシステム構築推進の流れが加速してきています。宮崎前院長が就任した4年前、当院でも地域包括ケア病棟を導入しました。当時の院長就任挨拶で宮崎先生は「病院完結型医療から地域完結型医療への転換を図る。」との方針を打ち出しておられました。その後その方針に沿う形で「新潟市在宅医療・介護連携ステーション西第二」を受託し、在宅医療ネットワーク「西区赤坂ネット」の立ち上げに参加してまいりました。今後はこの流れをさらに加速し、この地域の地域包括ケアシステムの一翼を担う急性期病院としての役割を果たし、地域に必要とされる病院であり続けたいと考えております。ご支援よろしくお願い申し上げます。

平成30年4月

基本理念・患者さんの権利

基本理念

病める人の権利と心情を重んじ信頼される医療を行います。

基本方針

  • 安全で質の高い医療を提供します。
  • 次世代の医療を担う人材の育成に努め、時代の変化に対応できる中核病院としての役割を果たします。
  • 地域包括ケアシステムを推進する取組みを進め、地域の医療、保健、福祉の向上に貢献します。
  • 患者さんに喜ばれ、誇りをもって働くことのできる病院づくりに努めます。

患者さんの権利

  • 人格が尊重され、尊厳をもって対応される権利があります。
  • 安全で最善かつ良質な医療を平等に受ける権利があります。
  • 十分な説明や情報提供のもとに診療を受ける権利があります。
  • 必要な情報を得たうえで意見や希望を述べ、自らの意志で医療を選択する権利があります。
  • 診断や治療方法について、他の医療機関の意見セカンドオピニオン)を求める権利があります。
  • プライバシーが尊重され、医療過程で得られた個人情報は保護される権利があります。
  • 医療費とその公的援助に関する情報を知る権利があります。

患者さんの責務

  • 自らの健康に関する情報を詳しく正確に伝える責務があります。
  • 検査や治療の内容を十分理解し、納得のうえで診療を受ける責務があります。
  • 医療者が適切な診療を行えるよう協力し、積極的に自らの医療に臨む責務があります。
  • 医療費は速やかに支払う責務があります。
  • 病院の決まりを守り、医療者の医療提供や他の患者さんの診療に支障をきたさないようにする責務があります。
    以下のような行為があった場合は診療をお断りします。
    • 威嚇、暴言、暴力、ハラスメントなどの迷惑行為
    • 病院内で大声を出したり、器物を破損する行為
    • 病院敷地内及び建物内における飲酒、喫煙行為

病院紹介

当院は、地域の医療機関と連携し急性期医療を中心に、高度専門的な医療を行う地域の中核病院として、安全で信頼される医療と、あたたかく思いやりのある療養環境の充実に努めます。
昭和6年に結核療養所として設立し、以来質の高い医療を理念に、総合病院ではなく成人病を対象とした病院を目指して参りました。なかでも透析医療は日本の先駆けをなし現在も腎臓移植を含めたこの分野の最高の医療機関の一つとして県内の中心的役割を担っております。リハビリテーションや神経難病などその他の慢性期医療にも力を入れており、糖尿病患者さんには、看護外来・栄養外来なども合わせ、きめ細やかな患者指導を心掛けております。
また、地域に開かれた病院を目指し、急性期治療のみならず、脳卒中後遺症・長期透析などに対する在宅医療にも早期から取り組んでおり、現在訪問看護ステーション・在宅介護支援センターへと発展しております。
近隣の医療機関とは地域医療連携室を設置し、病診連携事業などを通じ積極的な連携活動を行っております。