HOME >> 各部門のご紹介 >> 診療各科 >> 腎臓内科

腎臓内科

診療の概要

腎臓病(急性・慢性腎炎、ネフローゼ症候群、急性・慢性腎不全、慢性腎臓病(CKD)、高血圧症など)の診断・治療を担当、腎不全の保存期から腎代替治療(血液透析・腹膜透析)まで一貫して診療に当たっています。腎移植は、新潟大学泌尿器科と連携して実施しています。
院内の外科・整形外科(外来のみ)・脳神経外科・消化器内科・感染症内科・循環器内科・神経内科・糖尿病・内分泌内科・胸部・血管外科(外来のみ)と提携して、さまざまな腎不全合併症に対する治療を行い、地域における腎・透析関係の高次医療センターとしての役割を担っています。
2013年6月現在、透析ベッド150床、慢性血液透析患者411人。腹膜透析患者3人。日本の透析治療の黎明期よりの歴史があり、40年を超える超長期透析患者も加療されています。

2018年治療実績

急性血液浄化療法
内 容 実 績
エンドトキシン吸着 14件
LDL吸着 2件
CHD/CHF/CHDF 48件
HDF(low dialysate) 20件
ICUでの透析
内 容 実 績
HD 77回
HDF 10回
HF 0回
ECUM 10回
手術件数、腎生検数
内 容 実 績
内シャント 121件
人工血管植え込み 50件
血栓除去(人工血管延長を含む) 10件
動脈表在化 7件
その他(PTAを含む) 142件
手術 計 245件
腎生検数 13件

その他の活動

腎臓長持ち教室
腎不全患者さん、或いはご家族に対する、集団指導を行っております。時間的に外来診察室で詳しく説明できない指導などを含めて、医師・看護師・栄養士・医療ソーシャルワーカーがお話します。どなたでも参加できます。
詳しくは、腎臓長持ち教室のページをご覧ください。
CKD連携パス
腎・高血圧外来では、数多くの慢性腎臓病(CKD)患者さんを地域と連携して診療に当たるため、CKDパスを作成し、開業の先生方と連携し、患者さんの情報を共有して診療を行っています。
(患者様のご紹介、問い合わせなどは地域医療連携室へお願いいたします)

医療の広場

医師紹介

    

     

医師名役 職所属学会・資格・その他
みやざき しげる
宮崎  滋
院長 米国腎臓学会 
国際腎臓学会
欧州透析・移植学会
日本血液学会
しまだ ひさき
島田 久基
研究部長
診療副部長
腎臓内科部長
医局長
日本透析医学会 専門医・指導医・評議員
日本腎臓学会 専門医・指導医・学術評議員
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
臨床研修指導医
さいとう のりこ
齋藤 徳子
腎臓内科部長
臨床工学科長
日本透析医学会 専門医・指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本移植学会 移植認定医
日本臨床腎移植学会
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本腎臓リハビリテーション学会
日本医師会 認定産業医
日本医師会認定 健康スポーツ医
臨床研修指導医
いからし こうぞう
五十嵐 宏三
腎臓内科部長 日本透析医学会
日本腎臓学会
日本アレルギー学会
つばた ゆたか
津畑 豊
腎臓内科副部長 日本透析医学会 専門医・指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
もりおか てつお
森岡 哲夫
腎臓内科部長
血液浄化療法室長
病理検査科長
日本透析医学会
日本腎臓学会
日本医師会 認定産業医
日本人間ドック学会 認定医
ささがわ たいじ
笹川 泰司
医長 日本腎臓学会
日本内科学会 認定医
さかい しんじ
酒井 信治
顧問 日本透析医学会 専門医・指導医
日本内科学会 認定医
日本医師会 認定産業医
日本腎臓学会
日本腹膜透析医学会
日本アクセス研究会 評議員
日本腎不全外科研究会 世話人
バスキュラーアクセスインターベンション治療研究会 幹事
ゆあさ やすこ
湯浅 保子
附属有明診療所 所長 日本透析医学会 専門医・指導医
日本腎臓学会 専門医・指導医
日本内科学会 認定医
日本医師会 認定産業医
日本膜学会
日本脈管学会

外来担当医表はこちら

附属有明診療所外来担当医表はこちらから。

ページトップに戻る