麻酔科

診療内容・特色

当院では、年間約1,100件の手術症例が、手術室で行われております。そのうちの約400件程度が麻酔科管理症例となっています。全身麻酔をはじめとして、硬膜外麻酔、脊椎麻酔、静脈麻酔などを担当しています。当院に常勤している麻酔科専門医は1人ですが、日々の症例数に合わせ、他病院より麻酔科専門医の応援を要請しています。麻酔科医師は常勤ではありますが、フレックスな勤務形態をとり、女性でも働きやすい環境にあります。
当科では手術前の術前診察、手術後の術後診察を積極的に行い、安全できめ細やかな周術期管理を心掛けています。そして、単なる手術中の全身管理にとどまらず、術後、退院までの治療に関わることを主眼とし、単一科でとどまらない個々の症例に応じ、外科、内科といった各科の橋渡し的役割も果たしております。また、救急、救命に関してもチームリーダー的な役割を果たし、症例に対する対応はもちろんのこと環境整備にも力を入れています。手術中の全身管理では、腎不全透析症例に限らず、敗血症ショック症例などに対しても術中より血液浄化療法を施行し、スムーズな術後管理への移行を行っています。
昨今の麻酔科管理へのニーズに応えるべく手術室内の麻酔だけではなく、血管造影室で施行される脳動脈瘤コイル塞栓術についても全身麻酔を行っています。

 

医師紹介

医師名 役 職 所属学会・資格・その他
わぐり のりこ
和栗 紀子
  日本麻酔科学会 専門医
臨床研修指導医

 

外来担当医表はこちら

ページトップに戻る