HOME >> 各部門のご紹介 >> 看護部紹介 >> 委員会活動

委員会活動

看護部委員会

委員会名称 活動目的
教育委員会 ・豊かな人間性をもち、臨床実践能力が優れ、自律した行動がとれる看護師を育成し、看護の質向上を図ることを目的とする。
・専門職としての看護実践およびキャリア形成を支援し、看護職員の資質向上を図るために看護教育研修を企画・立案し、実践する。
臨地指導担当者委員会 ・安全で効果的な臨地実習が進められるよう受け入れ体制を整え、良好な実習環境を提供する。
・教員と臨地指導者が連携し、実習目的が達成できるよう指導を行う。
・臨地指導者としての役割を認識し、資質の向上を図る。
看護部安全対策委員会 ・院内の医療事故防止に努め、患者の安全を確保する。
・看護職員のリスク感性を高める。
リンクナース委員会 ・インフェクションコントロールチーム(ICT)の指示のもとで、各看護単位における具体的な感染対策を実施し、看護ケアと臨床実務の質を向上させる。
・感染制御チームと連携し、医療関連感染防止のため現場の感染対策の現状や問題の把握、感染対策の推進・改善・指導・教育のための実践活動を行う。
看護情報委員会 看護に必要な記録を検討し、看護の質の評価および看護ケアの充実を図ることを目的とする。
褥瘡対策委員会 褥瘡予防により褥瘡発生率の減少をはかると共に褥瘡の早期発見と適切な治療・ケアにより改善率を上昇させることを目的とする。
看護手順委員会 看護の標準化と安全確保、教育指標の視点で、看護手順・検査手順を作成し、看護の質の向上を図る。
救急ケア委員会 急変時に救急蘇生を迅速・円滑に実施できるように、救急蘇生に関する知識・技術を習得し、救急看護の質の向上を図る。
退院調整委員会 患者さんが地域で暮らし続けるため、「どのような暮らし・人生を送っていた人なのか」を探り、その人らしさを大切にした退院支援・退院調整の質向上を目的とする。
栄養サポートチーム(NST) 栄養状態不良の患者さんの栄養療法について多職種で検討し、適切な栄養療法の提言を行い栄養状態の改善・低下予防を図ることを目的とする。
摂食・嚥下サポートチーム(SST) ・多職種が連携して摂食・嚥下障害を持つ患者さんに適切な訓練・指導を行い、嚥下機能改善と安全な経口栄養の確立を図る。
・摂食・嚥下障害を持つ患者さんの栄養状態の改善とQOLの向上を図る。
呼吸ケアサポートチーム(RST) 呼吸ケアの知識・技術に関する問題点の抽出と改善策の検討を行い、呼吸ケアの質向上を目的とする。
がん化学療法委員会(CCT) ・がん化学療法の適切な管理及びがん治療に関する合理的な運営を図る。
・がん化学療法を受ける患者への安全性を確保し、安楽な治療環境を提供することを目的に活動する。
専門看護師会・認定看護師会 専門看護師・認定看護師の活動や情報の共有、活動上の問題を話し合いそれぞれの専門看護師・認定看護師の活動が看護の質向上に向けて円滑に実施できることを目的とする。
認知症サポートチーム(DST) ・認知症の患者さんに寄り添い、認知症に伴う行動・心理症状、せん妄に対する治療、ケアについて多職種と連携し、その人らしく療養生活が過ごせるようにサポートする。
・病院スタッフの認知症の患者さんへの対応力や対応技術の質向上を支援する。

ページトップに戻る