HOME >> 各部門のご紹介 >> 薬剤部

薬剤部

薬剤部では、薬の専門性を活かし安全かつ効果的な薬物医療を提供できるよう、医師・看護師など他の医療スタッフと協力し、チーム医療の一員として患者さんをサポートいたします。院外処方せんを発行しており、主に入院患者さん対象としています。業務内容は、調剤業務・注射業務・製剤業務・薬剤管理指導業務・医薬品情報管理業務など様々です。

 

調剤業務

医師が処方した、薬の量や飲み方・飲み合わせなど適正な処方内容であるかどうかを十分に確認し薬を作ります。
薬の管理や錠剤の取り出しが難しい患者さんには1回分ずつ薬を包装したり、錠剤が飲みにくい患者さんには錠剤を砕いて粉状にするなど工夫し、ひとりひとりの患者さんの状態に合わせています。
内服薬には、錠剤・カプセル剤・散剤・内用液剤・漢方薬など、外用薬には軟膏剤・貼付剤・外用液剤・吸入剤・点眼剤・坐剤など、さまざまな種類の薬があります。

錠剤を包装する機械 散剤を包装する機械 患者さん別にセット

 

注射業務

注射薬自動払い出し装置を用いて、患者さんごとに1回分ずつ注射薬を自動的にトレーにセットし、より安全に効率的に注射薬を払い出しています。

注射薬自動払い出し装置 患者さん別にセット

細菌やちりなどを室内に混入させない無菌室やクリーンベンチを用いて無菌的な環境下で高カロリー輸液(経口で栄養が取れない場合や不十分な場合の栄養補給)やその他の注射薬を混合しています。

注射薬の混合

抗がん剤は無菌的、更に抗がん剤による被爆や汚染の安全面にも十分考慮し安全キャビネット内で細心の注意を払い混合しています。

抗がん剤の混合
ページトップに戻る

製剤業務

製薬会社で製造されていない医薬品であっても治療上必要な場合があります。
医師の依頼のもと、「特殊製剤」として市販されていない医薬品を文献などから調製方法・使用方法・保存方法を検討して院内独自で調製しています。

軟膏・消毒薬などを作っています
高温の蒸気で滅菌する機械 器具を洗浄する機械 製剤業務に必要な、
きれいな水を作る機械

 

薬剤管理指導業務

入院中の患者さんのもとへ直接薬剤師が伺い、薬の量・効果・使い方・副作用などを記入した「おくすりの説明書」や院内独自に作成した「薬を正しく上手に飲むために」などのパンフレットを用いて、より分かりやすく薬の説明を行っています。時には、ご家族の方にも説明し、入院中だけでなく退院後も安心して正しく薬を使用できるように患者さんひとりひとりに合わせた説明を心掛けています。

  パンフレット
「おくすりの説明書」、「薬を正しく上手に飲むために」

 

医薬品情報管理業務

薬を安全かつ効果的に使用するために、厚生労働省・各製薬会社・インターネットなどから最新の医薬品に関するさまざまな情報を収集、分析し、医薬品情報誌「DIニュース」を作成し院内医療関係者に情報提供しています。

薬剤管理指導業務
医薬品情報誌「DIニュース」

 

ページトップに戻る