HOME >> 施設のご案内 >> 院内アートのご紹介

院内アートのご紹介

清水 九兵衛 (KIYOMIZU Kyuubei)

清水 九兵衛
清水 九兵衛

 

「飾甲(しょっこう)」
飾甲(しょっこう)
1953年東京芸術大学卒業。京都市立芸術大学に奉職して教授となる。
その後退職、イタリア留学。主な受賞は毎日芸術賞、日本芸術大賞、紫綬褒章など。
1922年愛知県大久手町に生まれる。
1949年東京芸術大学工芸科鋳金部に入学。在学中、京都の六代目清水六兵衛の養嗣子となる。
1953年同部卒業。その後作陶に従事、清水洋の名で発表。
1966年から作品が抽象へと移行。
1969年から70年イタリアに滞在。
1975年第13回アントワープのミデルハイム美術館野外彫刻ビエンナーレ展に出品、第6回中原悌二郎賞優秀賞受賞。
1977年第3回彫刻の森美術館大賞受賞。
1979年第1回ヘンリー・ムア大賞展優秀賞受賞。
1980年第7回須磨離宮公園現代彫刻大賞受賞。
1982年オークランド第12回国際彫刻会議で個展開催など。
2006年8月 永眠。当院展示作品「飾甲」が遺作となる。
 
清水家に入りながら土の強烈な質感に馴染めず、彫刻家を目指した彼は、作品の置かれる場所との親和(AFFINITY)を重視した制作を行い、当初はまさに"AFFINITY"というタイトルをつけられた作品が多かった。
野外彫刻としての耐久性からアルミニウムを素材として使い、日本の中で環境と最も親和している瓦からイメージされる湾曲した薄板風をさまざまな形に展開している。最近は朱色の使用が多く、都市や建物の中、外にも置かれる彼の作品は、作品の主張とともに、現代の無機的な空間を人に馴染む親和的な空間に変換しているといえる。
ページトップに戻る

草間 彌生 (KUSAMA Yayoi)

 

草間彌生
草間 彌生

 

「無限の網 OWETTE」
「無限の網 OWETTE」
長野県生まれ 前衛彫刻家 画家 小説家
10歳の頃より水玉と網模様をモチーフに絵を描き始め、水彩、パステル、油絵、などを使った幻想的な絵画を制作。
1957年渡米、巨大な平面作品、ソフトスカルプチャー、鏡や電飾を使った環境彫刻を発表する。
1960年代後半にはボディ・ペインティング、ファッションショー、反戦運動など多数のハプニングを行う。
1968年自作自演の映画「草間の自己消滅」は第4回ベルギー国際映画祭に入賞。
1975年帰国。美術作品の制作発表を続けながら、小説、詩集も多数発表。
1983年小説「クリストファー男娼窟」で第10回野生時代新人賞を受賞。
1986年フランスのカレー市美術館、ドール美術館にて個展。
1989年ニューヨーク国際芸術センター、イギリスオックスフォード美術館にて個展。
1993年第45回ベニス・ビエンナーレに参加。
1994年より野外彫刻を手がける。ベネッセアイランド直島文化村にFRP製の野外彫刻を、リスボンの地下鉄通路に壁画を制作。
1996年からは主にニューヨークのギャラリーを中心に活動を始め、同年開いた個展は国際美術評論家連盟より賞を受ける。
1998年から1999年にかけてロスアンゼルス・カウンティ・ミュージアムを皮切りに大回顧展がニューヨーク近代美術館、ウォルカーアートセンター、東京現代美術館を巡回。
2000年第50回芸術選奨文部大臣賞、外務大臣賞を受賞。同年フランス・コンソルシウムで始まった個展はヨーロッパ、アジア6箇所を巡回。
2006年第18回高松宮殿下記念世界文化賞絵画部門受賞。
 
写真家荒木経惟とのフォト・コラボレーション、作家村上龍原作監督の映画トパーズに出演、ミュージシャンピーター・ガブリエル、ファッション・デザイナー三宅一生とのコラボレーションなど、美術以外でも多彩に活躍。
ページトップに戻る

成田 禎介(NARITA Teisuke)

「海と集落」
「海と集落」

「台地の岬」
「台地の岬」
1938年東京都に生まれる。
都立三田高校卒業、青山絵画研究所(小川伝四郎先生)に学ぶ。
1967年示現会展初出品、以降毎回出品(楢原健三先生に学ぶ)。
1969年改組第一回日展出品。
1970年日展出品(71,72、74~79、82年以降毎年)。
フジテレビ美術番組に出演紹介される。
1971年安井賞候補展に選抜出品(72、76~78、80~81年)。
1973年ヨーロッパ旅行。
1977年国際形象展、日洋展。
1978年ヨーロッパ旅行。
1981年アラビア国際美術展(バーレーン)。
1983年札幌そごう、文化庁現代美術選抜展。
 
個展:フジテレビギャラリー(東京・市ヶ谷)、大阪高島屋画廊(大阪)、藤崎デパート画廊(仙台)、小田急百貨店美術画廊(東京・新宿)、三越本店美術画廊(東京・日本橋)、「台地の岬」は首相官邸(小泉内閣時)展示作品。
ページトップに戻る

ジョセフ・アルバース

ジョセフ・アルバースジョセフ・アルバース作品
ジョセフ・アルバース 
1888年旧西ドイツに生まれる。
1920年にバウハウスに入学。その後基礎課程や家具のワークショップにおけるアートディレクターとして教える。後にアメリカに渡り、色彩と幾何学形態における空間の知覚にまつわるその理論を広める。現代美術に大きな影響を与え、今も彼の影響を受けた多くの作家が活躍している。
「いろとかたち」シリーズから50点を展示。

 

オリジナルポスター

パブロ・ピカソアンリ・マチス
パブロ・ピカソアンリ・マチス
オリジナルポスターは現在のオフセット印刷で制作される多くのポスターと異なり、版画の技法を用いて制作された作品をいいます。主にリトグラフ(石版画)で刷られるため、枚数も少なく稀少なものです。パリの「ムルロー」は代表的なリトグラフ工房で、ピカソ、マチス、ミルなど多くの作家作品を制作していました。リトグラフの他に木版画やシルクスクリーン刷りのポスターもあります。

 

ページトップに戻る