> 初期研修について

プログラム責任者の挨拶

初期臨床研修の2年間は、基礎的な臨床能力を身につける大切な期間です。この期間を有意義な研修にすることで、その後の後期研修、さらに専門分野に進む際にも大切なものが得られます。信楽園病院の臨床研修プログラムは、当院の臨床研修指導医の方々と検討し、初期研修が充実したものになるよう考えて作成しました。当院には各学会の専門医、認定医、指導医などの資格がある医師が大勢おり、各診療科の臨床研修指導医は、皆さんの初期研修をきっと有意義なものにしてくれるはずです。新たに医師となることを志した皆さんの応募をお待ちしています。

松原  琢

1. 研修目標

医師として必要な知識と技術の習得

医師としての基本的な態度の習得

一医療人としてのチーム医療の推進

的確な診療録の作成

2.臨床研修を行う分野

信楽園病院を基幹型病院として、新潟大学医歯学総合病院、新潟医療センター、新潟信愛病院、新潟県立津川病院と協力して臨床研修病院群を構成し、2年間(原則)研修を行います。(研修期間中のアルバイト等は認められません。)

1年目は内科(9ヶ月)、救急(救急部門は、日当直研修、各診療科ローテート中の救急外来の研修を行います。)、外科・麻酔科(2ヶ月)、精神科(1ヶ月)を行い、2年目は、地域医療(1ヶ月)、小児科・産 婦人科(2ヶ月)、選択科目(9ヶ月)を行います。また、選択科目の診療科ごとの研修期間については本人の希望も踏まえ決定いたします。

研修医は指導医の指示する入院患者の担当医となり、指導医や上級医の指導を受けながら、入院から退院までの診療を行います。診療の過程で生じる患者のさまざまな問題を把握し、その解決のために学習することで、医師として必要な基本的な姿勢・態度・習慣を身につけることができます。

また、地域医療とプライマリ・ケアを担う医師の育成は社会全体の大きな使命であり、各研修病院と指導医がその使命に向けて協力し、互いに切磋琢磨する中で研修医にとって最良の研修プログラムと研修環境が構築できるものと考えています。

信楽園病院 必修科目 内科、救急部門
選択必修科目 外科、麻酔科
選択科目 腎臓内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、
糖尿病・内分泌内科、神経内科、リハビリテーション科、
外科、脳神経外科、放射線診断科、麻酔科、病理診断科
新潟大学医歯学総合病院 選択必修 / 選択科目 産婦人科 / 眼科・整形外科
新潟医療センター 選択必修 小児科
新潟信愛病院 選択必修 精神科
新潟県立津川病院 必修科目 地域医療

スケジュール例

《1年目》

1年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
当院 協力病院
内科
(循環器内科、腎臓内科)
内科
(糖尿病内分泌内科、消化器内科)
内科
(呼吸器内科、神経内科)
外科、麻酔科 精神科
救急(※)

《2年目》

2年次 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
協力病院 当院 / 協力病院
地域医療 小児科 産婦人科 選択研修(9ヶ月)
救急(※)

※救急について

平日日中は、ローテーション中の各科医師・指導医と共に、該当疾患の救急診療を経験する。
当直・日直に参加し、一次~三次救急(三次救急病院への搬送も含め)を経験する。

1年次:
新潟市内科・外科輪番において、当直(17:15~0:00)及び日直の副当直を行い、当直医の指導のもと、救急患者の診療・処置に参加する。

2年次:
一般・日直を1人で担当する。

  • 内科
  • 腎臓内科
  • 呼吸器内科・感染症内科
  • 消化器内科
  • 循環器内科
  • 糖尿病・内分泌内科
  • 神経内科
  • 消化器外科
  • 脳神経外科
  • リハビリテーション科
  • 放射線診断科
  • 麻酔科
  • 病理診断科

個人情報保護方針サイトマップ当院へのアクセス