HOME >> 各部門のご紹介 >> 診療各科 >> 歯科口腔外科

歯科口腔外科

診療内容・特色

歯科口腔外科では齲蝕症(虫歯)、歯周炎(歯槽膿漏)、義歯(入れ歯)の治療だけでなく、口の中とその周囲組織にみられるあらゆる病気を扱っています。そのため下記のような患者さんもよく受診されます。

1. ワーファリン、バイアスピリン、パナルジン等の血液をサラサラにするお薬を内服されている患者さんの抜歯や歯科治療
2. 顎骨内に埋まった難しい親知らずの抜歯
3. 虫歯や歯槽膿漏等による顔の腫れ
4. 糖尿病および透析患者さんの定期歯科検診
5. 外来口腔ケア(通院可能な方)
6. 他科入院中の患者さんの口腔ケア
7. 全身麻酔の手術前、化学療法、放射線療法前の口腔ケア
8. 顎関節症(開閉口時の顎の痛み)
9. 口腔乾燥症(口の渇き、ドライマウス)
10. 口内炎、舌炎
11. 外傷による歯の破折、歯の脱臼(歯が抜け落ちてしまった状態)、顔面~口腔内(口唇、歯肉、舌など)の裂傷、顎骨骨折
12. 口のおでき(良性・悪性腫瘍)

入院設備が整っているため、治療内容によっては全身麻酔などによる手術、入院下での全身管理も行っております。
当院は、総合病院のため心疾患、脳血管障害、透析、糖尿病、高血圧症などの全身疾患を持っておられる患者さんの場合は、他科の医師診察と連携して治療を行っております。また、他院に通院されている患者さんにおかれましては、現在の病状や内服されているお薬などを把握してから歯科診療を行っております。

医師紹介

医師名役 職所属学会・資格・その他
こんどう みちひと
近藤 道人
医長 日本口腔外科学会 認定医

外来担当医表はこちら

ページトップに戻る