HOME >> 各部門のご紹介 >> 医療福祉相談室

医療福祉相談室

医療福祉相談室

医療福祉相談室は、患者さんや家族の方々が病気に伴い抱えた生活問題を解決できるように支援する「医療ソーシャルワーク」部門と、介護を必要とする状態の患者さんが在宅生活を続けられるように支援する「居宅支援」部門を併設しています。

医療福祉相談室は医療福祉の相談室です
私たちは、病気をすることによって、健康な時には想像もしなかった問題を抱えてしまい、家庭や社会の生活にも支障をきたすことがあります。医療ソーシャルワーカーは、そうした問題の解決の方策を患者さんや家族の方々と一緒に考え支援していきます。
たとえば...病気に伴い、生活面にこんな問題を抱えることがあります
  • 医療費の支払いが困難である。
  • 病気のために働くことができず、生活費のやり繰りが困難になった。
  • 病気に対する不安や先行きのことが心配で落ち着かない。
  • 介護する家族がいないため、体が不自由なままでは自宅に帰れそうもない。
  • 家庭での介護をどのようにしたらよいかわからない。
  • 職業(学業)に復帰したいが、どのように相談を進めていったらよいかわからない。
  • 医療保険や福祉サービスの利用のしかたがわからない。
社会資源を有効に活用し問題解決の方策を検討してみましょう
このように病気に伴って生じた問題に対処するために利用できる制度やサービス、施設や公的機関あるいは専門家の知識や技術、様々な人たちの援助など...私たちが問題解決のために利用できるあらゆるものを社会資源といいます。
その人が利用できる社会資源はそれぞれ異なりますが、その人が持っている条件や状況に合わせて活用可能な社会資源を見つけ出し、問題を解決する手がかりを探していきましょう。

医療福祉相談室は、どなたでもご利用いただけます。お気軽にご利用ください。

 

居宅介護支援室(介護保険法に基づく在宅介護支援)

居宅介護支援室は、介護保険を利用して自宅で生活するための相談室です。

介護が必要となり介護保険制度を利用するためには、要介護認定を受け、サービス計画書(ケアプラン)の作成が必要となります。そのための相談やケアプランの作成を行うのが居宅介護支援サービスです。
介護保険のご利用者やご家族と、介護サービスを提供する事業者の間に立ち、様々な調整を行いながら、在宅介護へ円滑に移行し、かつ継続できるよう援助します。

【支援の内容】
  • サービス利用するための相談・助言
  • ケアプランの作成
    心身の状態やご家庭の状況、生活に対する希望や予算を考慮し、介護サービスの利用計画を作成いたします。
  • サービス事業者との連絡調整
    サービス事業者等と連絡調整を行い、サービスが円滑に利用できるよう仲介いたします。
  • 必要に応じたケアプランの見直し
    定期的な見直しの他、ご利用者またはご家族の希望や事情、あるいは介護上の変化に応じてケアプランの見直しを行います。
  • サービス利用時の苦情や疑問などの受付対応
  • 要介護認定申請の受付や更新申請の手続きの代行
  • 市町村のサービスの紹介
  • 施設・病院との連携、紹介
~ 住み慣れた家で生活し続けるために、共に考えていきましょう ~
ご利用者本人またはご家族からの依頼を基に、ケアマネージャー(介護支援専門員)が介護の必要度や希望に応じてケアプランを作成します。
また、介護サービス事業者と連絡を取ったり、医療機関や行政機関、入院・入所先とも連携を図りながらケアプランの実行を見守り、必要があればその見直しを行います。
ケアマネージャーは、介護保険制度の相談役として、ご利用者がサービスを円滑に受け、在宅での生活が継続できるよう支援していきます。

 

相談支援窓口(患者サポート体制)

当院では、患者さんまたはその家族等(以下「患者等」という)に対する支援体制を構築するため、患者サポート体制の為の相談支援窓口を設置しています。

患者さん等からの疾病に関する医学的な質問ならびに生活上及び入院上の不安等に関するご相談をお受けしております。
受付後、相談内容に応じた職種の職員が対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

<相談支援窓口>

 設置場所   2階 医療福祉相談室 
 受付時間   午前8時時30分から午後5時15分(平日のみ) 

  ※相談により患者さんが不利益を被ることは一切ありません。

 

ページトップに戻る